設立目的

 

 

 土木工事・建築工事など各種の建設工事において、施工を行う移動式クレーンによる建設揚重業者は、建設工事の円滑、かつ効率的な施工を進める上で不可欠な業種であり、住宅をはじめとする、社会資本の整備という国民生活の向上に重大な役割を果たしており、建設業の産業構造の高度化にとって重要な位置を占めている。

 しかしながら、工事の大型化・高度化が進む中で、独立した業種としての確立が遅れた状況にあり、また事業者のほとんどが、経営基盤の危弱な中小零細業者で、高額機械の取得保有に伴う経営の圧迫、過当競争に伴う作業料金の低迷、良好な施工・安全確保のための各種教育、就労者の高齢化及び若年労働者の確保に対応すべき、、労働条件の向上など健全な企業経営を行っていく上で、解決をしなければならない課題を抱えている。

 このような企業の体質を改善し、流動する社会に対応できる事業基盤を確立することは、個々の事業では限界があることは明らかである。当組合は組織化することによって、組合員の連帯感を深め共通する事業の協同化を積極的に推進し、当業界に課せられた社会的役割を十分に果たすことのできる体制を確立するものである。

 以上、当組合は公平な組合運営を行うことにより、組合員の経営基盤の確立と地域社会の発展に貢献することを目的とする。

 

 


沿 革

昭和47年

 

1月

 

地区組織化について協議を開始する

発起人 川本久雄・井川浩・大木行教・山本孝宜

 

3月

 

「松山地区クレーンリース協会」を設立

会長 川本久雄 会員数44社

昭和53年

 

10月

 

(社)全国クレーン建設業協会に入会

名称 全ク協愛媛支部

昭和61年 2月 「愛媛県クレーン建設業協会」に名称変更
     4月 事務所移転 松山市大可賀2丁目8-52
     5月 役員改選 会長 福﨑勲(福崎車輌(株))
       9月 松山市消防局との災害協定締結
昭和62年 6月 「移動式クレーン運転士安全衛生教育」を開始
平成元年 5月

愛媛東予クレーン協同組合と相互庸車協定を

締結する

   

組織変更 協同組合設立認可

「愛媛中予クレーン協同組合」に組織変更

  6月 建設雇用改善推進事業団体として事業開始
平成9年 3月 事務所移転 松山市南吉田町2033-3
  5月 役員改選 理事長 丸岡俊郎(大木建設(株))
平成14年 10月

「移動式クレーン運転士技能コンクール」を

開始する

平成18年  5月 役員改選 理事長 井川浩(井川重機(株))
平成20年 11月

第一回移動式クレーンの体験学習会を松山

工業高校で開催

平成23年 2月

移動式クレーンの体験学習会 八幡浜工業

高校で開始

平成23年  5月  役員改選 理事長 渡辺裕文(渡辺興業(株)
 平成26年  11月

 移動式クレーンの体験学習会 松山聖陵

高校で開始